JA津安芸

農業PR隊長カツラギ

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の双子漫才師
大阪・京都のストリート漫才で腕を磨く

2014.1 名古屋よしもと新人ライブでデビュー
2014.4 3代目三重県住みます芸人に就任し県内各地で活動
2015.6 当JAの農業PR隊長に就任し農業のPRに尽力

活動報告

2016.1.9

いちごの出荷に初挑戦!

いちごを栽培し始めて、

いちごに詳しくなってきた2人に

「いちごの出荷体験」に挑戦してもらいました!

津市安東町にある「津インターファーム」の

中林尚也さんにお世話になりました。

 

中林さんは2015年の3月からいちご栽培を始めた

津いちご生産組合の若手のホープです。

敷地面積17aのハウスで

「章姫」と「かおり野」の2品種を栽培しています。

 

ハウスに着き、

さっそく収穫方法を教えてもらいました。
中林さん

「指紋がつくとすぐ傷むくらい、

いちごはデリケートなので

収穫の時はビニール手袋をしてください。

鮮度と見た目が命なので基本1回しか触らないように!」

思ったよりも繊細ないちごに、

2人は少し緊張気味。

ちゃんと手袋をして、

赤く色づくいちごを次々に収穫していきました。

傷をつけないよう慎重に収穫する2人

「章姫」を収穫した後、

もう一つの品種「かおり野」との

味の違いを比べてみました。
「香りも味も違う!

品種が違えばこんなにも個性があるんやな!」

と終始感心する2人。

 

次は作業場に移動してパック詰め。

今回は出荷体験ということで

中林さんから

「実際に出荷できる規格で頑張ってみましょう!」

ということだったのですが

なかなか規格に合わず、

パック詰めで何度もやり直しをする2人。

 

「思った以上に大変!!

全部手作業やし、

綺麗に並べやんと最後のフィルムで失敗やし」

中林さんに相談しながら・・・

なんとか4パック分完成!!

体験を終えて

「いちごがこんなに繊細やと思わんだ。

消費者としていつも品質のいいものを

手軽に手に入れられることの裏に、

生産者の大変な努力があることがわかった」

と今回の体験で農業への理解を

一層深めてもらえたようです。