JA津安芸

つあげ日記

2018.2.7

農産物鑑定大会で個人・団体優勝!

2月6日に「第14回みえJA農産物鑑定大会」がJA三重ビルで開かれ、県内の農産物検査員47人が出場しました。

この大会はJA農産物検査員の検査技術の向上と検査の信頼性の確保を目的に開催されています。

当JAからは4人の農産物検査員が出場!

三重県の主要品種のうるち玄米・もち玄米・小麦・大豆の等級鑑定と、米の品種鑑定の合計50点を鑑定しました。

個人の部で河芸営農センターの増田チーフが990点で優勝!

\当日の真剣なまなざしの増田チーフの横顔/

団体の部では930点でJA津安芸が優勝することができました!!!ヾ(*´▽`*)ノ

個人優勝しました増田チーフは、3月9日に開催される全国鑑定大会に三重県代表として出場します。