JA津安芸

つあげ日記

2019.12.10

千葉県でボランティア活動

11月18日から22日までの5日間、台風15号により甚大な被害を受けた千葉県(JA安房管内)に、県内JA・連合会の職員で構成する「JAグループ三重支援隊」が派遣されました。

当JAからは、総務課 岡副課長補佐が参加し、パイプハウスの解体およびガラス温室の破損ガラス拾いなどの復興支援活動を行いました。

 

岡副課長補佐は、「支援先の農家の方々は『もう一度やり直そう』と元気な方たちばかりで、勇気付けられました。被災された組合員の方々と交流しながら、一日でも早い復旧に向け、微力ではあったものの支援活動が出来たことは、貴重な経験となりました。」と話しました。

被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

1 / 11