JA津安芸

ふれあい農業塾

自分で作る喜びを味わおう!

JA津安芸では、本格的な野菜づくりの知識と技能が身につく、野菜づくり講座「ふれあい農業塾」を開催しています。これから本格的に農業を始めたい方、野菜の栽培方法がわからず一から勉強したい方などを対象に、9月から翌年8月までの1年間を通して毎月1回、野菜栽培を中心とした講義と農作業の実習を行っています。自分で作る喜びを味わい健康にもいい、安全でおいしい野菜づくりをあなたも始めてみませんか?

おすすめポイント1
講義と実習、Wで身につく!

講義では野菜栽培の基礎から土壌・肥料・農薬など、幅広い内容について専門の営農担当者が、初心者の方にもわかりやすく説明し、楽しみながら学べます。講義後の実習で学んだ知識を忘れないうちに実践できます。
受講生の中には産直部会の会員にステップアップされた方もたくさんいます。加入をご希望の方は相談も受け付けております。


おすすめポイント2
三重県住みます芸人の
「カツラギ」も参加!

当JAの「農業PR隊長」でよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「カツラギ」も参加し、若い方にも興味を持ってもらえるようSNSで農業塾での活動を配信していますので、授業のおさらいもできます。


おすすめポイント3
楽しいイベント満載の1年間

野菜作り以外にも、市場見学、調理体験、寄せ植え講習、しいたけの植菌など、楽しい体験が1年通して学べます。


おすすめポイント4
第10期から土曜日開催!

講義・実習はお孫さんと一緒に参加することもでき、収穫の時には家族みんなで作業するのも楽しいです。


おすすめポイント5
施設栽培にも挑戦できる!

実習では露地野菜13品目の栽培だけでなく、ハウスでのイチゴとメロンの施設作物の栽培体験ができます。

塾長からご挨拶

「ふれあい農業塾はおかげさまで平成28年度で10年目を迎え、現在までに約380名の方が受講しています。卒業生の中には、産直部会に加入して直売所に出荷している方もいらっしゃいます。「カツラギ」の参加や土曜日開催で、野菜づくりが初めてのお若い方の参加も増え、塾長の私も野菜作りを応援できるよう頑張っていきます!
当農業塾に興味をお持ちいただいた方はぜひ7月頃に受講生の募集を受付ますので、農業塾で自己啓発してみませんか?
お問い合わせは各店舗または営農企画課まで TEL:059-229-3502

第11期生の募集は終了しました。

今期の活動報告

第9回 メロンと夏野菜を栽培

5月12日のふれあい農業塾の実習では、メロンや夏野菜の苗の定植を行いました。メロンは2種類(赤肉種・青肉腫)の苗を定植し、丁寧に誘引しました。夏野菜はナスやトマトなど5品種25本の苗を定植し、受講生は「たくさんの品種の栽培で管理が大変そうですが、成長するのが楽しみです」と話していました。

第9回 メロンと夏野菜を栽培 第9回 メロンと夏野菜を栽培

第8回 産直会員と交流

3月14日、「ふれあい農業塾第8回」の講義では産直会員と受講生が交流しました。野菜の出荷に加え、鶏めしや草もち等の6次産業化商品を製造する「キッチン美里」の村治さんを講師に招き、栽培を始めたきっかけややりがい等についてのお話をしていただきました。受講生は「産直会員の栽培や出荷、6次産業化の貴重な話を直接聞けて良い刺激をもらえました。今後加入についても考えていきたいです」と話しました。 また講義内で、村治さんと当JAが共同開発した「ちよちゃんの玉ねぎダレ」の試食も行い、楽しく交流の時間を過ごしました。

第8回 産直会員と交流 第8回 産直会員と交流

第7回 メロン栽培を学ぶ

3月10日の「ふれあい農業塾」の講義では、メロンの栽培について学びました。TAC課職員から水やりや施肥、摘芯のポイントについて説明し、受講生は一生懸命メモをとっていました。今回学んだ内容は、5月の農業塾で実践していく予定です。

第7回 メロン栽培を学ぶ 第7回 メロン栽培を学ぶ

第6回 本格的な原木栽培に挑戦

2月18日、「ふれあい農業塾第6回」の実習では「シイタケの原木栽培」に挑戦しました。受講生は講師から植菌の仕方や管理の方法などを学び、原木に電動ドリルで穴を開けて、金槌でシイタケ菌を打ち込みました。収穫は2夏越えた秋からとなります。肉厚で色の濃いシイタケができると好評です。参加した受講生は「なじみの深いシイタケがどのように作られているのか、学ぶことができて面白かったです」と話していました。

第6回 本格的な原木栽培に挑戦 第6回 本格的な原木栽培に挑戦

第5回 両手いっぱい秋冬野菜を収穫

1月13日に「ふれあい農業塾第5回」を開催し、実習で大きく育ったブロッコリーやダイコンなどの秋冬野菜を収穫しました。受講生は「たくさん良いのが採れたので家で美味しく調理して食べたい」と話していました。

第5回 両手いっぱい秋冬野菜を収穫 第5回 両手いっぱい秋冬野菜を収穫

第4回 寄せ植えに挑戦

12月9日、「ふれあい農業塾第4回実習」で、受講生は「寄せ植え」に挑戦しました。寄せ植えに使った植物は寒さに強い葉牡丹を中心にアリッサムやお多福南天などで講師から指導を受けながら植え付けました。

第4回 寄せ植えに挑戦 第4回 寄せ植えに挑戦

第3回 イチゴの受粉しっかりと

11月18日、「ふれあい農業塾第3回講義・実習」を行い、講義では栽培計画の立て方や連作障害への対応方法など、農作業の基礎知識を学びました。また実習ではイチゴの受粉作業を行い、受講生は「受粉をしっかりして、クリスマスまでに赤く大きなイチゴに育ってほしいです」と話していました。

第3回 イチゴの受粉しっかりと 第3回 イチゴの受粉しっかりと

第2回 講義でイチゴの植え付け学ぶ

10月14日の「第2回ふれあい農業塾」では「イチゴのハウス栽培」を学びました。講義のみの受講生にもイチゴの植え付けを体験してもらおうと、今回特別に講義でもイチゴの植え付けをしました。講師から苗の向きなど注意点を聞いた後、取り扱いに注意しながら定植しました。

第2回 講義でイチゴの植え付け学ぶ 第2回 講義でイチゴの植え付け学ぶ

第1回 農業PR隊長がサポート講師に

9月16日に「第11期ふれあい農業塾開講式」を本店で行い、受講生32人が参加しました。新受講生は10~70代までの幅広い世代の方が参加し、今後1年間にわたって月1回の講習で農業の基礎を学びます。今年で3年目になる当JA「農業PR隊長」の「カツラギ」の2人はさらなるステップアップにむけて、塾長や営農担当職員とともに「ふれあい農業塾」のサポート講師となり、受講生に楽しく野菜栽培の指導をしました。参加者からは「初心者ですが、これからしっかりと基礎を学び、おいしい野菜づくりに励みたい」と話しました。

第1回 農業PR隊長がサポート講師に 第1回 農業PR隊長がサポート講師に

過去の活動報告一覧