JA津安芸

ふれあい農業塾

自分で作る喜びを味わおう!

JA津安芸では、本格的な野菜づくりの知識と技能が身につく、野菜づくり講座「ふれあい農業塾」を開催しています。これから本格的に農業を始めたい方、野菜の栽培方法がわからず一から勉強したい方などを対象に、9月から翌年8月までの1年間を通して毎月1回、野菜栽培を中心とした講義と農作業の実習を行っています。自分で作る喜びを味わい健康にもいい、安全でおいしい野菜づくりをあなたも始めてみませんか?

おすすめポイント1
講義と実習、Wで身につく!

講義では野菜栽培の基礎から土壌・肥料・農薬など、幅広い内容について専門の営農担当者が、初心者の方にもわかりやすく説明し、楽しみながら学べます。講義後の実習で学んだ知識を忘れないうちに実践できます。
受講生の中には産直部会の会員にステップアップされた方もたくさんいます。加入をご希望の方は相談も受け付けております。


おすすめポイント2
三重県住みます芸人の
「カツラギ」も参加!

当JAの「農業PR隊長」でよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「カツラギ」も参加し、若い方にも興味を持ってもらえるようSNSで農業塾での活動を配信していますので、授業のおさらいもできます。


おすすめポイント3
楽しいイベント満載の1年間

野菜作り以外にも、市場見学、調理体験、寄せ植え講習、しいたけの植菌など、楽しい体験が1年通して学べます。


おすすめポイント4
土曜日開催!

講義・実習はお孫さんと一緒に参加することもでき、収穫の時には家族みんなで作業するのも楽しいです。


おすすめポイント5
施設栽培にも挑戦できる!

実習では露地野菜13品目の栽培だけでなく、ハウスでのイチゴとメロンの施設作物の栽培体験ができます。

塾長からご挨拶

「ふれあい農業塾はおかげさまで平成28年度で10年目を迎え、現在までに約380名の方が受講しています。卒業生の中には、産直部会に加入して直売所に出荷している方もいらっしゃいます。「カツラギ」の参加や土曜日開催で、野菜づくりが初めてのお若い方の参加も増え、塾長の私も野菜作りを応援できるよう頑張っていきます!
当農業塾に興味をお持ちいただいた方はぜひ7月頃に受講生の募集を受付ますので、農業塾で自己啓発してみませんか?
お問い合わせは各店舗または営農企画課まで TEL:059-229-3502

今期の活動報告

第3回 玉ねぎ栽培に挑戦

11月10日の第3回ふれあい農業塾の実習では、玉ねぎ苗の定植をしました。前日の雨で圃場がぬかるむ中でしたが、受講生は協力して穴あきマルチを敷き、玉ねぎと赤玉ねぎの苗を丁寧に定植しました。 受講生は「植える深さが大事だと講義で教わったので注意して植えた。収穫が楽しみ」と話しました。 また、10月に定植したいちごは開花がはじまり、耳かきの綿の部分を使い受粉作業も行いました。

第3回 玉ねぎ栽培に挑戦 第3回 玉ねぎ栽培に挑戦

第2回 いちご栽培を学ぶ

10月13日の「第2回ふれあい農業塾」の講義では、いちごの栽培方法について学びました。講師が苗を定植する向きや深さ、水やりの注意点などについて説明すると、受講生は熱心にメモをとっていました。 実習ではハウスでのいちごの高設栽培に加え、圃場の畝作りやジャガイモの定植も行いました。作業を終えた受講生は「クリスマスにおいしいいちごが食べれるように、葉かきや水やりなどの管理を頑張る」と意気込んでいました。

第2回 いちご栽培を学ぶ 第2回 いちご栽培を学ぶ

第1回 第12期 開講式を開催

9月22日に本店で「第12期ふれあい農業塾開講式」を行い、新受講生29人が出席しました。20~70代の幅広い世代の方が受講し、1年にわたって月1回の講習で農業を学びます。 今年も「農業PR隊長 カツラギ」がサポート役となり、第1回目の講義では、秋冬野菜の栽培管理について指導の手伝いをしました。 受講生は「しっかりと学んで、無農薬の野菜を手作りしてみたい」と話していました。

第1回 第12期 開講式を開催 第1回 第12期 開講式を開催

過去の活動報告一覧