JA津安芸

各種方針

JAバンクシステム

ペイオフの時代だからこそ…「JA」です! だから安心。安全「JA貯金」

JAバンクシステム

お客様がATMを操作する際の覗き見防止対策として、プライバシーパネルの設置をおこないました。
(独立したATMコーナーを除く)

より便利な、JAバンクに向けて
  • JAネットバンクによる金融サービスの強化、ATMの多機能化などIT(情報技術)を活用して、全国で質の高いサービスを提供します。
  • 皆様のニーズに応え、貯金をはじめ、外貨預金等の商品を充実、住宅・マイカーなどローンサービスも強化します。
  • 生涯のパートナーとして、ライフプラン、土地活用、融資、年金などの相談サービスを強化します。
  • JAバンク中央本部・県本部が中心となり個々のJAの経営状況をチェックして、健全な経営を行います。
  • 自己資本の充実につとめます。
  • 経営内容を適切に開示します。
  • 破綻未然防止システム(旧相互援助制度)と貯金保険制度による「JAバンク・セーフティーネット」で一層の安心をお届けします。

JAバンク・セーフティーネット

「JAバンク・セーフティーネット」の仕組み

より安全な金融機関としての信頼を得るために、JAバンクは「JAバンク・セーフティーネット」を構築しています。「貯金保険制度」と「破綻未然防止システム」、この仕組みによって組合員・利用者の皆様により一層の「安心」をお届けいたします。

貯金者保護のための国の公的な制度で、JA・信連・農林中金・各都道府県の信連などが加入しています。政府・日銀・農林中金・各都道府県の信連などが出資し、JAの貯金者を法律に基づいて一定の範囲で保護する制度です。JAバンクに貯金をお預け入れいただきますと、自動的に皆様と貯金保険機構との間に保険関係が成立します。

 全国のJAバンクが協力して個々のJA経営を支援する、JAバンク独自の自主的な制度である「相互援助制度」を一層パワーアップ。JAバンクの拠出による「JAバンク支援基金」を新たに設置し、必要な時は個々のJAを支援するとともに、JAバンク全体で早期・適切に経営健全性の向上に取組み、皆様の大切な貯金をお守りいたします 。

金融商品の勧誘方針

当組合は、貯金・定期積金、共済その他の金融商品の販売等の勧誘にあたっては、次の事項を遵守し、組合員・利用者の皆さまに対して適正な勧誘を行います。

  1. 組合員・利用者の皆さまの商品利用目的ならびに知識、経験、財産の状況および意向を考慮のうえ、適切な金融商品の勧誘と情報の提供を行います。
  2. 組合員・利用者の皆さまに対し、商品内容や当該商品のリスク内容など重要な事項を十分に理解していただくよう努めます。
  3. 不確実な事項について断定的な判断を示したり、事実でない情報を提供するなど、組合員・利用者の皆さまの誤解を招くような説明は行いません。
  4. 電話や訪問による勧誘は、組合員・利用者の皆さまのご都合に合わせて行うよう努めます。
  5. 組合員・利用者の皆さまに対し、適切な勧誘が行えるよう役職員の研修の充実に努めます。
  6. 販売・勧誘に関する組合員・利用者の皆さまからのご質問やご照会については、適切な対応に努めます。

金融円滑化にかかる基本的方針

JA津安芸(以下、「当JA」といいます。)は、農業者の協同組織金融機関として、「健全な事業を営む農業者をはじめとする地域のお客さまに対して必要な資金を円滑に供給していくこと」を、「当組合の最も重要な役割のひとつ」として位置付け、当組合の担う公共性と社会的責任を強く認識し、その適切な業務の遂行に向け、以下の方針を定め、取組んでまいります。

  1. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件の変更等の申込みがあった場合には、お客さまの特性および事業の状況を勘案しつつ、できる限り、柔軟に対応するよう努めます。
  2. 当JAは、事業を営むお客さまからの経営相談に積極的かつきめ細かく取り組み、お客さまの経営改善に向けた取組みをご支援できるよう努めてまいります。
    また、役職員に対する研修等により、上記取組みの対応能力の向上に努めてまいります。
  3. 当JAは、お客さまから新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みがあった場合には、お客さまの経験等に応じて、説明および情報提供を適切かつ十分に行うように努めてまいります。
    また、お断りさせていただく場合には、その理由を可能な限り具体的かつ丁寧に説明するよう努めます。
  4. 当JAは、お客さまから新規融資や貸付条件の変更等の相談・申込みがあった場合には、お客さまの経験等に応じて、説明および情報提供を適切かつ十分に行うように努めてまいります。
    また、お断りさせていただく場合には、その理由を可能な限り具体的かつ丁寧に説明するよう努めます。
  5. 当JAは、お客さまからの新規融資や貸付条件変更等の申込み、事業再生ADR手続の実施依頼の確認または地域経済活性化支援機構もしくは東日本大震災事業者再生支援機構からの債権買取申込み等の求めについて、関係する他の金融機関等(政府系金融機関等、信用保証協会等および中小企業再生支援協議会を含む。)と緊密な連携を図るよう努めてまいります。
    また、これらの関係機関等から照会を受けた場合は、守秘義務に留意しつつ、お客様の同意を前提に情報交換しつつ連携に努めます。
  6. 当JAは、金融円滑化管理委員会を設置し、金融円滑化に関する企画立案・施策実施・対応状況等の管理を行ってまいります。
  7. 当JAは、本方針に基づく金融円滑化管理態勢について、その適切性および有効性を定期的に検証し、必要に応じて見直しを行います。

附則
この方針は、平成22 年1 月27 日から施行する。
附則
この方針の変更は、平成25年4月1日から実施する。

金融円滑化へのご相談窓口のご案内

当組合では、農業および地域の金融の円滑化に積極的に取り組んでいるところです。現在、経済環境や雇用情勢が一段と厳しさを増していることに対応するため、本・支店の「ご相談窓口」で、組合員および住宅ローンご利用のお客様から、きめ細やかなご相談に応じてまいりますのでお知らせします。

  • 本店(ローンセンター)
    津市一色町211/059-229-3503
  • 栗真白塚支店
    津市栗真中山町19/059-232-3107
  • 津中央支店
    津市一色町211/059-226-4111
  • 津南部支店
    津市高茶屋一丁目7-5/059-234-2612
  • 神戸片田支店
    津市神戸882-1/059-226-4131
  • 津北支店
    津市一身田大古曽字西浦670-5/059-231-1155
  • 美里支店
    津市美里町五百野1918/059-279-2010
  • 安濃中央支店
    津市安濃町川西2042/059-268-2152
  • 芸濃支店
    津市芸濃町椋本4383-2/059-265-2525
  • 河芸中央支店
    津市河芸町一色34-8/059-245-1234

貸出条件変更に係るご意見・苦情等については、リスク管理課にてお受けいたします。

苦情相談窓口/リスク管理課
TEL:059-229-3511