JA津安芸

つあげ日記

2021.2.24

【㈱ジェイエイ津安芸】キャベツ栽培で農福連携

「株式会社ジェイエイ津安芸 農業部」は農業労働力の確保に向けた取り組みの一つとして、農福連携による農作業委託をJA三重中央会のコーディネートにより一般社団法人三重県障がい者就農促進協議会の協力を得て、昨年11月中旬より数週間、福祉事業所の利用者がキャベツ圃場の除草管理作業を試行体験型で行いました。

生産者の高齢化や減少により農業の人手不足が深刻な中、労働力の確保や作業労力の軽減が必要なことから、福祉事業所に対しての「就労体験の場づくり」などを支援する目的で取り組んでいます。

2月初旬からは、加工業務用キャベツを生産している圃場で、同協議会から派遣された農業ジョブトレーナーの支援の下、就労継続支援A型事業所「トモニス」とB型事業所「オリーブ」の利用者が施設外就労としてキャベツの収穫作業を行いました。農業部職員から作業内容の説明を受けた支援員の指示で、利用者はキャベツの運搬用台車への積み込みや搬送など約2時間、安全に注意しながら作業に努めました。

【農福連携作業等の問合せ】
一般社団法人 三重県障がい者就農促進協議会  TEL.059-253-4187
http://www.mieshuno.net/

2021.2.12

令和3年度新規採用職員の制服採寸会

2月12日、令和3年度新規採用職員の制服採寸会がありました!

皆さんとても初々しい(*´ω`*)💛

こちらは制服採寸の順番待ち!

令和3年度は15名が入組します(^O^)/
広報誌「あぜみち」の4月号でご紹介しますので、お楽しみに~(^^♪

2021.2.8

月刊Simple職場訪問ページに当JAが掲載されます!

2月5日、「みどりの交差店」で月刊Simpleの取材が行われました。

3月1日発売の4月号月刊Simple 職場訪問ページに「みどりの交差店」のお仕事紹介などが掲載されます(^^)/

ぜひ、一度ご覧ください!

2021.1.6

役職員の意識統一!

1月4日、本店で「年始会」を開催しました。


例年は、常勤役員・管理職の集合形式により行っていますが、本年は新型コロナウイルス感染症対策として本店在席の管理職以外は、オンライン会議ツール「Zoom」を活用したリモートによる参加としました。

水谷経営管理委員会会長から「職員の皆さんとともに覚悟を持ってこの厳しい状況を乗り越えていく」と訓示をいただき、役職員の意識統一を図りました。

JA津安芸は、組合員・地域の皆さまに「地域になくてはならないJA」をめざし、役職員一丸となり取り組んでまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020.12.30

新年を迎える準備

本店の1階エントランスに来年の干支「丑」を展示しています🐄!!

体長は約80㎝、高さ60㎝、胴回り140㎝のとって‟モ~”愛嬌のある丑です。

こちらは、毎年辰水神社にジャンボ干支を奉納している「美里地区ふるさと愛好会」さんの作品です。

ご来店の際はぜひご覧ください♪

2020.12.29

町屋百菜が本格芋焼酎「百菜」を完成 販売開始を市長に報告

12月24日、耕作放棄地の復活に取り組む「町屋百菜」が、本格芋焼酎「百菜」を完成させ、西田代表ら5人が津市役所を訪れ、前葉市長に販売開始を報告しました。
焼酎造りは津市栗真町屋町の荒廃農地16アールを解消・再生させ収穫したサツマイモを使用し、焼酎2,000本を製造しました。

「百菜」は令和2年に津市単独事業「農林水産業ビジネスチャレンジ支援事業」や当JAのサポートなどにより、地域の特産品「町屋芋」としてブランド化をめざし、開発・商品化したものです。

本格芋焼酎「百菜」は「甘くフルーティーな香りでうま味とコクがあり、芋焼酎が苦手な人でも飲みやすい」と好評。

価格は1本(720ml)税込み1,980円。
お問い合わせは、当JA購買課(電)059-229-3519、中村酒店(電)059-232-4024

2020.12.25

子どもの見守り活動に感謝状をいただきました

12月22日、子ども見守り活動「感謝状授与式」が開催され、三重県津警察署 射場署長より感謝状が贈呈されました。

子どもの安全確保という趣旨に組織ぐるみで賛同し、三重県警察認定「子ども安全・安心の店」の取り組みが評価され、水谷経営管理委員会会長が感謝状を受け取りました。

今後も将来を担う子どもの見守り活動を行っていき、組合員・地域の方が安心して暮らせる地域づくりに貢献します。

2020.12.14

職員の集団健診とインフルエンザ予防接種

11月中旬、本館3階で職員の健康診断とインフルエンザの予防接種💉を行いました(^-^)

予防接種は働きやすい職場環境づくりの取り組みとして、健康診断実施時に希望する職員に対して行っています。業務の都合で病院へ予防接種に行く時間がない職員も受けやすく、本年は232名の職員が接種しました。

ドキドキ(; ・`д・´)

💉いた~~~~い( ゚Д゚)!!

本格的に冬の寒さが始まり免疫力が下がるので、体調管理に注意が必要ですね。

2020.12.4

播種方法別に小麦の生育状況を確認

11月27日、南河路地区の圃場で、南河路営農組合の矢代正則さんとJA営農担当者は、10ヘクタールの圃場で同営農組合が播種作業を実施した2021年産小麦「あやひかり」の生育状況の確認をしました。

生育確認では、今年から試験的に取り入れたドリルシーダ―よる播種と従来の牽引型シーダーでの播種の生育状況を比べ、ドリルシーダーで播種した圃場では、浅まきで土が整っているためしっかりと生え、牽引型シーダーの播種に比べ「株立ち」の間隔も細かく生長が早くなっていることが確認できました。


確認後には、大豆後に小麦播種をする圃場の「土壌診断」も行いました。

2020.11.30

川辺前会長が三重県産業功労章を受章

11月9日、三重県庁で令和2年度産業功労者表彰式が開催され、鈴木英敬知事から当JA経営管理委員会前会長の川辺千秋氏が「農林水産部門」において産業功労章を受章されました。

表彰は、事業活動や団体を通じて三重県の産業振興に寄与し功績顕著な方を表彰するもので、当JAでは初めての受章となります。

川辺氏は、JA職員として長年にわたり水稲を中心とする当JA管内農産物の品質向上や低コスト稲作などの取り組み、プライベートブランド米「安濃津ロマン」による地産地消の推進など様々な分野において常に「生産者とともに」を信条に地域農業の維持・発展に貢献されたことが評価され受章となりました。

11月25には、津市役所を表敬訪問し前葉泰幸市長に受章の報告を行いました。
受章おめでとうございました。

1 / 512345