JA津安芸

つあげ日記

2020.1.24

【営農】年特肥料自己引取りが始まりました

令和2年産米用の年特肥料自己引取りが今日から始まり、朝から農家の皆さんが続々と引取りにお越しいただいています。

2月には農薬の引取りも始まります。

2020.1.20

【農機】新春中古農機展示会を開催しました

19日(日)に、当JA農機センター横のアーケードにて、「新春中古農機展示会」を開催しました。

大型農機から小型農機まで各種農機が並ぶ中、来場者は農機担当者から説明を聞き、手にとって性能を確認しながら選んでみえました。

寒い中、ご来場いただきありがとうございました。

2020.1.17

【営農】農産物の検査技術向上を目指して

農産物検査の信頼性確保と検査技術の向上を目的として、「第6回JA津安芸農産物鑑定大会」を開催しました。


真剣に鑑定を行う検査員

この大会の上位者は県下で開かれる「みえJA農産物鑑定大会」に当JAを代表して参加します。

2019.12.27

二子営農組合が日本農業賞県代表を受賞!

当JA管内の「農事組合法人二子営農組合」が第49回日本農業賞三重県代表の表彰式においてJA三重中央会とNHK津放送局より「日本農業賞 集団組織の部」で表彰を受けられました。


表彰を受けられた小宮弘昌理事(左)、平井組合長(中)、
田中つや子監事(右)

表彰は、「安定した耕種農業技術体系の確立」、「2019年2月に取得した農業生産工程管理(GAP)による安全性の確保と作業の効率化」「担い手と将来性および女性の活躍」などの多岐にわたる項目が評価され今回の受賞となりました。

同法人の平井秀次組合長は「令和元年という節目の年に三重県代表として表彰され身が引き締まる思いです。これからも二子営農組合の経営基盤をさらに進化させ、私たちのような組織が増えることで、明るい日本農業の発展を願っています。また、JAや農業改良普及センターと協力しながら地域農業を支えていきたい」と話されました。


平井組合長(左)を訪問する米穀販売課(TAC) 若畑課長(右)

2019.12.4

共同購入トラクター提案活動表彰を受賞!

11月6日、JA全農はJAグループが扱う低価格トラクターについて、農家の方に積極的に提案・販売したJAや担当者の表彰式を東京・王手町で初めて開催し、全国の3JA・団体と、10県10人の担当者に優秀賞が贈られました。
「JAの部」では当JAの営農生活部 農機センターが優良賞を受賞し、「担当者の部」では同センター職員の高岡 紀覚 担当が優秀賞を受賞しました。


表彰を受ける高岡 担当

受賞者はJA他部門との連携などについての成功事例などをまじえた、
取り組み発表を行いました。

取り組み報告を発表する高岡 担当


「JAの部」で受賞した表彰状

2019.10.3

クボタ新型トラクター実演会を開催しました

当JA櫛形育苗施設横の圃場にて、「クボタ新型トラクター実演会」を開催しました。

来場者の方は、トラクターに試乗して性能や乗り心地を試されていました。

お忙しい中、ご来場いただきありがとうございました。

2019.9.30

次期ふれあい農業塾の開講に向けて

「第12期ふれあい農業塾」を8月に閉講してから、次期農業塾開講に向けて、実習用圃場の整備を行っています。

より良い環境で実習していただけるように、水道・排水の工事を実施しました。

また、土壌のチェックなども兼ねて、試験的にキャベツの栽培に取り組んでいます。

なお、次期ふれあい農業塾は、カリキュラムをリニューアルして、令和2年春の開校を予定しています。

2019.9.18

親子でお米の収穫体験

9月14日(土)に、生活協同組合コープみえとJA津安芸の交流田において「お米づくり体験・収穫体験」が開催されました。

当日は16家族51名が参加し、当JAカントリーエレベーター西側の交流田で、鎌を使った稲刈りに挑戦しました。

5月に植えた苗が立派に実りました!

昔ながらの脱穀機や唐箕(とうみ)を使った籾の選別を体験♪

子ども達は初めて見る昔ながらの農機具に興味津々でした!

体験後には、新米「三重のコシヒカリ」のおにぎりを味わいました。

参加者は「田植えから稲刈りまで、貴重な体験になりました。お米づくりに興味を持つ良い機会になったと思います」と話されました。

2019.9.13

稲作体験学習

当JAでは、農業が担うさまざまな価値を学んでもらうことを目的に小学校でのお米づくり体験に協力し、地元農家や当JA地区運営協議会の委員、JA職員が児童に指導を行っています。

参加した児童らのほとんどが鎌を使った経験が無く、初めは恐る恐る稲を刈っていましたが、コツを掴んでからは手早く刈り取っていました。

2019.9.5

キャベツの定植作業

8月4日、当JAの子会社「株式会社ジェイエイ津安芸 農業部」による、キャベツ定植作業を行いました。

8月上旬にセルトレイに播種を行い

1ヶ月程でここまで大きくなりました。

圃場でのびのびと育ってほしいです。

1 / 512345